日本企業が求めるアドバイザリーサービス

日本企業が求めるアドバイザリーサービス

日本法人を展開しているEYアドバイザリーは、様々な専門分野に特化しているスタッフが連携を図りながら、アドバイザリーサービスを提供しています。日本の大企業でも様々な経営課題を抱えています。その問題を解決するために、コンサルタント会社の力を借りたいと思っている企業も多いです。そのような課題や問題点を解決するために、それぞれのスタッフがチームを結成しているそうです。全ての日本企業のクライアントに対して、業績向上のためのビジョンを達成しなければいけないという使命感を持っているんだとか。そこから総合的なアドバイスをし、クライアントの更なる成長をサポートし続けてきたそうです。

 

多くの企業にコンサルタントのサービスを提供してきたEYアドバイザリーは、日本法人を展開し現地の日本人を採用しています。様々な業種や職種のクライアントに対して、求められているサービスを提供しています。世界展開しているコンサルティング会社はたくさんありますが、ビッグ4と言われている主要な会社に数えられているEYアドバイザリーは、日本企業に特化しているサービスを提供することができる体制が整っていると言えるでしょう。それは、外国人スタッフに頼ることなく、日本法人の多くのスタッフが日本人だということを理解しなければいけません。

 

EYアドバイザリーでは積極的に日本人のスタッフを採用してきました。それは新卒採用だけでなく、経験がある中途採用の人材も積極的に採用しています。継続的に活躍することができる人材と、即戦力になる人材を分けて考えています。コンサルティング会社で働く人材に求められるスキルは、コミュニケーション能力、論理的思考能力、協調性、理解力などが求められます。それぞれの選考プロセスの中でこれらの要素が含まれているかを十分に理解して判断しなければいけません。

 

メンバーを大切にしているEYアドバイザリーは、グローバルに連携することができることに強みを持っています。全てのクライアントに満足してもらうために、あらゆる分野に精通しているプロフェッショナルなスタッフが多数在籍している強みがあります。世界の企業と比較しながら、日本企業独自の悩みが問題点を解決するために、自分自身何ができるかをしっかりと考えて、総合的にアドバイスをすることができる体制が整っています。EYアドバイザリーはそれぞれのスタッフの能力を最大限に発揮することができるからこそ、多くの業種や職種のクライアントに対して、EYアドバイザリーでは最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供し続けることができるのでしょう。

更新履歴