選考プロセスを理解する

選考プロセスを理解する

大学生の就職先として人気があるコンサルティング会社では、様々な企業が優秀な人材を確保したいと考えています。多くの日本企業の業績を改善してきたEYアドバイザリーも、定期的に求人情報を公式サイトに掲載しています。コンサルティング会社に就職したいと思っている学生だけでなく、さらなるステップアップを希望している人の転職先としても人気があります。新卒採用と中途採用ではそれぞれ選考プロセスが異なります。事前に確認をしておきましょう。そうすることで焦ることなくスムーズに内定までの道のりを勝ち取ることができる可能性が高まります。

 

EYアドバイザリーの新卒採用のプロセスは、筆記テストから始まります。その人がEYアドバイザリーに適しているかの基礎能力をテストで判断します。筆記テストでは求めている基本的な学力があるかどうかを見ながら、コミュニケーション能力があるかどうか、論理的考えることができるかどうか思考能力も判断します。さらには周りのスタッフと一緒に仕事をするために必要な基礎的な協調性も筆記テストで判断します。

 

筆記テストをクリアしたら次に面接を行います。EYアドバイザリーの面接は複数回に亘って行います。自分自身をアピールするために、自分のストロングポイントはどこかを十分に相手に伝えることができるかどうかがポイントになります。EYアドバイザリーの面接では、その人がどのような人物なのかを見極める人物評価、その人がどのくらい本気の気持ちで応募してきたかを見極める志望度確認なども行います。さらにはどのくらい会社のことを理解しているかカルチャーフィットについても質問があります。さらに応募してきた人の個人能力も面接で見極めます。複数回行われる面接を全てクリアしたらEYアドバイザリーから内定をもらうことができます。

 

中途採用で応募する場合は違った選考プロセスになります。中途採用に応募したいと思ったら公式サイトからエントリーをすることができます。エントリーをしたら面接などを行い全ての選考プロセスをクリアすることで内定をもらうことができます。EYアドバイザリーが中途採用に求めていることは、即戦力として働くことができるかどうかを期待しています。そのためにEYアドバイザリーにエントリーを提出する前に、自分自身のどのポイントをアピールすることができるかを十分に理解しておくようにしてください。そして事前にどのような選考プロセスで内定をもらうことができるかも理解しておきましょう。